悪玉コレステロールの問題点

コレステロールや中性脂肪は、血液の中では「リポたんぱく」と呼ばれるたんぱく質と結合しています。このうち「善玉コレステロール」と呼ばれるHDLも「悪玉コレステロール」と呼ばれるLDLも、実質はコレステロールそのものを指すのではなくて、リポたんぱく質(血漿リポたんぱく質)と結合した状態のことなのです。同じコレステロールという脂質が、組み合わされたたんぱく質の役割によって善玉と悪玉に分けられているわけですね。ちなみにLDLは、身体の各部位にコレステロールを「運ぶ役割」なので、リポたんぱく質の中でもコレステロールの「比率が高い」ために悪玉と呼ばれています。HDLはこの逆で、身体の各部位で余ったコレステロールを取り込み、肝臓に「戻す役割」をしているので善玉になります。HDLが少ないと、余分なコレステロールを肝臓に戻して分解することができなくなるので問題だ、というわけです。

 

コレステロールが低い人はがんになりやすいといったデータもあります。よくコレステロールの数値が高かったから、薬を飲むことになったという話を聞きますが、これはひどい間違いです。なぜコレステロールが高いと怖いのか、これは血液中で増えすぎたコレステロール(LDL=悪玉コレステロール)が血管の内側に付着してしまうからです。血管に付着したコレステロールは「粥腫(プラークとと呼ばれる腫れ物になります。この腫れ物は血液中のコレステロールを取り込んで大きくなり、血管を狭くしていきます。そして動脈硬化を起こして、その結果、脳梗塞、心筋梗塞を起こすのです。逆にいうと、動脈硬化の心配がないほど血管が正常な人は、総コレステロール値が少しくらい高くても心配ありません。つまりそれは「善玉コレステロールが多い」ことを表しているのですから。ところが数値だけをチェックしてすぐ投薬をしてしまう、そのようなことは我々医師として気をつけなければならないことだと思います。